交通事故で整骨院へ通院の際にトラブルになる

交通事故の被害者になったとき、加害者側の損害保険会社とトラブルになってしまう場合があります。整骨院に通院して怪我の施術をする場合に、トラブルになってしまうのです。なぜなら加害者の損害保険会社が、医療費や慰謝料の支払いを減額させたいからです。

交通事故の被害者が整骨院に通院すると、通院日数が増え医療費や慰謝料が多くなります。よって整骨院に通院してほしくないのが、損害保険会社の本音なのです。

交通事故で整骨院の通院は認められている。

損害保険会社の規約でも整骨院に通院することは認められています。加害者側の保険会社はなるべく整骨院への通院を避けたがります。交通事故で負った怪我を1日でも早く治すために、整骨院に毎日通院することは交通事故の被害者の権利です。

損害保険会社に通院したいと連絡しても、最初は整形外科に行かなければなりません。

検査した後に医師に診断を受け、損害保険会社の同意を受けてから通院することができます。また整形外科に通院していても症状の経過が良くないときは、被害者が損害保険会社の同意を得ることができれば通院することができます。

損害保険会社の内情

事故に遭った交通事故の被害者は直ぐにでも、医療機関で検査や治療を受けたいのは当たり前のことです。しかし加害者側の損害保険会社からすれば、全く反対の立場になります。損害保険会社はボランティア団体ではないので、営利を目的とする一般企業と同じ会社組織です。

その為損害保険会社の担当者は、自分の昇給や会社利益を考えたら支払額をなるべく低く抑えるのは、会社組織の人間として当然の仕事です。交通事故の医療請求の支払いは損害保険会社が窓口になり、120万が上限の自賠責保険から最初支払われます。

その上限からオーバーすることがあれば、任意保険である損害保険会社が支払う仕組みになっています。しかも慰謝料や傷病手当金は通院日数に比例してくるので、当然の様に整骨院への通院を渋ります。整形外科への通院は交通事故被害者が通院を面倒がる傾向があるので、通院日数が多くならないのが損害保険会社にとっては、慰謝料や傷病手当金を多く払わず都合が良いのです。

整骨院に通院する上でのトラブルを起こさない方法

整骨院に通院する際にトラブルがあると、精神的に休まることができないので施術効果に影響が出て、症状の軽減を遅らせることにもなりかねません。トラブルの原因は医師や加害者側の損害保険会社によるものが多く、それぞれの立場や思惑によるケースが殆どです。

整形外科の一部の医師は交通事故患者を軽視する傾向があります。救急搬送されて来る患者だけが交通事故患者ではないのです。そんな医師とトラブルになった場合はセカンドオピニオンもあるので損害保険会社と交渉して医師を変えてもらい、その医師と損害保険会社の同意が得られれば、整骨院に通院することができます。

できれば自宅の近くに整骨院があるとか、夜遅くまで営業しているとかの理由をつけて上手く医師を納得させてからの方が、円満に事が運びトラブルもおきません。加害者側損害保険会社とのトラブルは現在大分減っては来ていますが、整骨院への通院妨害です。

上記で述べた様に損害保険会社はなるべく医療費や慰謝料、傷病手当金を支払いを減額したいため整骨院への通院を嫌がります。露骨に整骨院では医療費を払えないとまで言う損害保険会社が過去にはあったのです。理由もあり一部の整骨院が反社会的勢力と結託し、違法に医療費や交通事故の施術費用だまし取っていたからです。

ほんの一部の人達のために全国の整骨院では悪評が広がり迷惑をしたのです。現在では公益社団法人の整骨院の組合トップが各損害保険会社と水面下で話し合い、病院での検査後に交通事故の被害者がスムーズに通院でき、損害保険会社とのトラブルは殆どありません。

整骨院と接骨院の違いと必要性は

整骨院と接骨院の違いはなく、職種や業務内容は同じです。

何故名前が違うかと言うと過去に整骨院の整が整形外科の整と同じ字のため、整形外科の先生達からクレームが来たからです。

バカバカしい話ですが本当の事です。ですからその時に開業した柔道整復師の皆さんは、組合の規制で接骨院としか明記できなかったのです。現在は規制が無くなり整骨院の看板が自由に使えるようになりました。50代~60代の人達は接骨院、70代の人達は整骨院、50歳以下の人達も整骨院の看板を上げています。

看板を見れば年齢が分かるので、確認してみるのも面白いかもしれません。整骨院は地域医療にとって現在は欠かせないものなっています。かの嘉納治五郎が全国の柔道家のために、地域の応急処置を予てから施していたのを役立てるために作った国家資格です。

柔術が柔道に代わった時代、全国の柔道家はそれぞれ技を磨き切磋琢磨していました。その修行の中で脱臼や骨折が起きることが多く、独特な技術が発達していき柔道整復学が確立しました。現在では更に技術が進化し、筋膜リリースなど筋肉・筋膜の施術に特化した治療も行われる整骨院も増えています。

交通事故の被害者で整骨院に通院する方達の多くが、むち打ちによる頸部捻挫が殆どです。頸部を直接マッサージするのでなく、腕や背中の筋肉・筋膜をほぐすことによってむち打ちの症状が軽減してくるのです。

整骨院では理学療法機器もあり、低周波治療器、干渉波治療器、レーザー治療器など院によって様々な種類の治療器を置いています。どの治療器も交通事故患者の痛みの軽減に効果があるものばかりです。マッサージ施術と治療器の併用により効果的な治療をすることができます。

合わせて読む:交通事故の際、支払われた賠償金に税金はかかるのか

病院での検査の必要性

交通事故の被害者は上記の経過からすると、整骨院が1番適した治療をすると思われるかもしれませんが、実はそうでない場合もあるのです。個人開業医の整形外科での検査、むち打ちの頸部捻挫と思われる場合はレントゲン検査のみしかおこなわれません。

それで検査が終わり整骨院に数か月通院しても症状が改善しない場合があります。その場合はバレリュー症候群や脳脊髄液減少症などを疑わなければなりません。これらの疾患はレントゲンでは映らずCTやMRIでしか症状を確認することができません。

頭痛、めまい、吐き気など症状が長く続いたら早期に検査機器がある病院で検査する必要があります。医師や整骨院の施術者は交通事故の患者の状態を毎日観察して、症状の改善が見られない場合は早急に検査をする指導を患者におこなうことが必要なのです。